1. トップページ
  2. 小児眼科

小児眼科

当科の特徴


当科の特徴について紹介させていただきます。

検診などで視力異常を指摘された小児の中には、弱視や、斜視、強度の近視など、適切な治療をしないと視力障害を残してしまうものがあります。 当院では小児眼科の専門医および斜視・弱視治療などの臨床を10年来経験してきた視能訓練士によって適切な診断と治療を行うことができます。また、帝京大学との提携により斜視の手術などにも対応できます。また先天鼻涙管閉塞症が疑われる場合、その診断および開放術による治療を当院で行っています。その他、逆さまつげ、色盲、網膜疾患など、さまざまな小児疾患に対処してまいります。

今後、地域の先生方と協力させていただきながら、こどもの眼の健康維持に取り組んでいきたいと思っております。