1. トップページ
  2. 皮膚科光線療法

皮膚科光線療法(紫外線療法)

光線療法とは


太陽から地上に届いている光は、赤外線・可視光線・紫外線があります。紫外線を浴びると、日焼けやシミ・シワを作ったり、DNAを損傷させ皮膚癌を引き起こすなど、マイナスな点が注目をされています。しかし、波長を限定して、うまく利用すれば私たちの病気を治してくれることもあるのです。
紫外線治療とは、紫外線の中でも、特定の皮膚病に効果をあげる波長を出す医療用紫外線照射装置を使って、治療をすることです。主に、乾癬(かんせん)、白斑(はくはん)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょ)、菌状息肉腫(きんじょうそくにくしゅ)、悪性リンパ腫、慢性苔癬状粃糠疹(まんせいたいせんじょうひこうしん)、 アトピー性皮膚炎、円形脱毛症などに効果があります。
現在、紫外線療法は波長によってUVA、UVB 、ナローバンドUV と主に3 つの種類に分類することができます。


UVB(中波長紫外線)療法


今までの光線療法ではソラレン(感光物質)を塗る・飲むなどしてから紫外線照射していました。そのため、照射後患部が紫外線に過敏になったりしていましたが、UVB療法はソラレンなどの薬は使わず、中波長紫外線(UVB)を照射します。


ナローバンドUVB療法


UVBの波長の中でも特に狭い範囲に限定した波長をつかった療法で、薬が必要なくしかも効果はPUVAとほぼ同じと考えられ、注目が高まってきています。


上記疾患でお悩みの方、当院皮膚科にご相談下さい。

【患者様へのお願い】
紫外線治療は、各患者さんの紫外線に対しての感受性を調べ、効果及び副作用をみながら照射量を決めて治療を行います。自己判断で、紫外線を浴びたりすると、病状を悪化させたり、大やけどを負ったりする可能性がありますので、必ず専門医のもとで治療を受けて下さい。