1. トップページ
  2. 消化器外科・内視鏡外科
  3. ABC検査のご案内

ABC検査のご案内

ABC検査とは


当院では、胃がんの予防と早期発見を目的として胃がんハイリスク検査を行っています。
胃がんハイリスク検査は血液検査で容易に行えます。胃がんになりやすい状態の胃であるかどうかを調べる検査です。


ABC検査の判定


ABC検査は、胃の健康度、胃がんリスクを調べる検査です。
血液検査でヘリコバクターピロリ抗体価検査とペプシノーゲン検査を組み合わせてチェックし、胃がんになりやすいかどうかを実際にはA~Dの分類にて判定致します。

判定 区分 ピロリ菌 ペプシノーゲン 胃の状態
正常 Aタイプ 陰性 陰性 健康な胃粘膜で、胃の病気になる危険性は低いと考えられます。
但し、逆流性食道炎には注意いたしましょう。
異常 Bタイプ 陽性 陰性 少し胃が弱っているタイプです。胃潰瘍・十二指腸潰瘍などに注意いたしましょう。
異常 Cタイプ 陽性 陽性 胃がんなどの病気になりやすいタイプです。2年に1回程度の胃内視鏡検査を勧めます。
異常 Dタイプ 陰性 陽性 胃がん発症のリスクが極めて高いタイプです。内視鏡検査が必要です。
胃粘膜が完全に萎縮したためにピロリ菌もほとんど棲めなくなって、ピロリ菌の抗体は陰性となってしまうのがDタイプです。

料金


現在この検査は健康保険の適用外ですので自費になります。
1回 5,000円(税込)
別途初診料及び結果説明時に再診料が自費でかかります。
※自治体での検診で受診する場合は自治体毎決められた負担金をいただくことになります。


注意事項


以下の方は、正確な判定ができない場合がありますので事前に主治医にご相談ください。
・受診時に上部消化器症状のある方
・胃・十二指腸の病気で治療中・経過観察中の方
(特にプロトンポンプ阻害薬を服用中、または服用し終えてから2か月を経過していない方)
・腎不全・腎機能障害の方(ペプシノゲン値が高く出るため)
・胃を切除した方(ペプシノゲン値が低く出るため)
・その他医師の診察の結果、胃がんハイリスク検診の判定が困難であると認めた場合


実施検査日


毎週
月~土曜日 午前

診察担当医表

※消化器専門外来の診療受付時間は毎日午前11:30までとなってます。