1. トップページ
  2. 呼吸器内科・睡眠センター

呼吸器内科はさまざまなタイプの疾患を扱います。感染症、アレルギー性疾患、悪性腫瘍から生活習慣病を合併しやすい睡眠時無呼吸症候群(SAS)など多岐に渡っています。今までは、呼吸器疾患に罹患している患者数に対して、呼吸器専門医療を行える施設は大学病院などの大規模病院に限られており、お困りの患者様が多くいらっしゃいました。2016年6月に日本大学医学部呼吸器内科より常勤として熊澤医師が着任し、呼吸器専門医療を開始しました。さらに、2018年4月より日本大学医学部呼吸器内科より常勤として新谷医師が着任し、呼吸ケアサポートトームを発足し、さらなる呼吸器専門医療の充実を図ります。医療連携としましては、近隣の大学病院である日本大学医学部呼吸器内科・呼吸器外科、帝京大学医学部呼吸器内科と連携しながら、積極的に治療をしております。
睡眠領域に関しても、2018年4月より睡眠学会認定技師が新たに加わり、SAS診療の充実を図っております。
当科の特徴としましては、とにかくスピーディーに、適切に、検査・診断・治療を進めていきます。CTは受診日当日に撮る事ができますし、気管支鏡検査などの検査も迅速に行い、専門スタッフにより丁寧な診察を心掛けています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療

禁煙専門外来





●下記疾患の診察をしております。詳しくは下記診療内容をご参照ください

1、気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・好酸球性肺疾患
2、長引く咳・慢性咳嗽
3、睡眠時無呼吸症候群(SAS)➔睡眠センター
4、禁煙外来
5、肺癌などの呼吸器悪性腫瘍
6、間質性肺炎・サルコイドーシスなどのびまん性肺疾患
7、呼吸リハビリテーション

診療内容



【①気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・好酸球性肺炎】
ガイドラインに基づいて治療を行います。当科では重症の気管支喘息患者様や慢性閉塞性疾患(COPD)患者様が多数通院されています。
気管支喘息や咳喘息の患者様には、測定できる施設が少ない呼気一酸化窒素(FeNO)などを測定し、診断はもちろんのこと治療効果の判定をすることも可能です。また発作時や急性増悪化時には入院加療もおこなっております。
気管支喘息の治療は吸入ステロイド剤です。”ステロイド”という言葉の響きだけで敬遠されることが多い薬ですが、経口ステロイドと異なり、全身性の副作用は軽微であり、妊婦さんやアスリートに使用可能です。
今までは大学病院などの大規模な病院しか行っていなかった喘息合併の妊婦さんの気管支喘息患者様も、当科では積極的に診察しており、また抗IgE抗体製剤(ゾレア®)や抗IL-5抗体製剤(ヌーカラ®)などの分子標的薬を用いた最新治療も積極的に取り入れています。また難治性喘息に対しては、気管支鏡によるサーモプラスティも行います。長年、吸入ステロイドを使用しても喘嗚(胸がゼイゼイする)がとれず、経口ステロイド内服をしていた患者様が分子標的薬を用いた最新治療により喘嗚がとれ、経口ステロイドから離脱できた患者様もいます。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の多くは長年の喫煙により生じる病気で、以前は「肺気腫」と呼ばれていました。COPD患者様は、階段の昇降だけでもひどい息切れを感じ、次第に軽い日常労作で息切れがひどくなっていきます。COPDはまだ認知度が低く、世の中にCOPDと自覚されずに困っていらっしゃる方が多くいます。薬物療法・呼吸リハビリテーション・酸素療法を行っていきます。また、慢性呼吸不全をきたしている患者様には在宅酸素療法の導入も行っております。

【②長引く咳・慢性咳嗽】
長引く咳でお困りの患者様も多く来院されます。原因の多くは感染の後に続く咳ですが、その他には肺癌や肺結核以外にも 咳喘息などもあります。咳喘息では発作時に空咳が続き、特に夜間や明け方に多く出ます。『なかなか咳が止まらない』 とお困りになり当科を受診され、呼気一酸化窒素(FeNO)を測定して咳喘息と診断となった患者様も多数います。 咳喘息の3割程度は気管支喘息に移行することもありますので、早期の治療が非常に重要です。 慢性咳嗽は8週間持続する咳ですが、1つの目安としては3週間持続する咳の場合に受診してください。

【③睡眠時無呼吸症候群(SAS)】
睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、眠っている間に気道が塞がり、睡眠中に無呼吸状態が繰り返される病気です。 気道が塞がる原因は、気道・喉・顎・鼻周りの形態的特徴の他、呼吸中枢が関与する場合もあります。 日本人の2~4%、約300万人が罹患していると言われています。 本来は休息すべき時間である睡眠中に無呼吸状態が繰り返されるため、心臓や体全体に大きな負担がかかります。 最近の研究では、高血圧や糖尿病、脳卒中、心臓病など多くの生活習慣病との関連も明らかになっています。 また、日中の眠気が交通事故や労働災害の原因になりかねない危険性もあり、SASは早期検査・治療が重要な病気と言えます。 当院では日本睡眠学会の認定検査技師が在中しており、診断・治療を積極的に行っております。

【急性期のリスク】       【慢性期のリスク】
・起床時の頭痛         ・高血圧
・頭重・倦怠感         ・糖尿病
・集中力・記憶力の低下     ・心血管障害
・日中の眠気          ・心不全
・交通事故           ・夜間突然死
・生産性の低下         ・脳卒中
・作業ミスによる労働災害    ・認知障害

●SASの代表的な症状は以下の通りです。お心当たりの症状がある場合にはお早めの受診をお勧めします。
・いびきをかく(ご自身で自覚がなくても、指摘されたことがある)
・呼吸の中断がある(ご自身で自覚がなくても、指摘されたことがある)
・眠れない、寝つきが悪い
・夜間に何度も目を覚ます(トイレ)
・朝起きた時、頭痛や口渇がある
・熟睡感がなく、日中に眠気を感じる
・体がだるく、足などにむくみがある
・以前に比べ、集中力がなくなった

●検査について

①簡易検査(スクリーニング検査)
小型の機械をご自宅にお持ち帰り頂いて一晩の睡眠状態を検査します。 睡眠中のいびきや呼吸状態、酸素飽和度(SpO2)を調べることでSASの可能性を判別します。 腹部・指・鼻にセンサーを取り付けますが痛みを伴う検査ではありません。いつも通りお休み頂けます。 簡易検査で、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合、下記のPSG検査(精密検査)を行います。


②PSG(ポリソムノグラフィー)検査→水曜日と土曜日に実施
睡眠中の呼吸やいびきの状態に加え、脳波・筋電図・眼球運動などを測定することでより詳細に睡眠状態を検査します。 1泊ご入院頂いてSASの確定診断を行う検査です。 体にセンサー類を取り付けますが痛みを伴う検査ではありません。


≪PSG検査当日の持ち物≫
・歯ブラシ(それ以外のアメニティーは準備しています)
・枕や検査着の準備はありますが、ご自身のものを使用する場合はご持参ください
※夕食は原則済ませてから来院をお願いします

≪PSG検査当日の流れ≫

19:30

19:30~20:30

20:30~21:30

21:30~翌6:00

7:00


19:30に来院し受付へ

体調確認と検査のご説明

検査準備(センサーと機器を装着しますが、痛みはありません)

翌就寝、お休み頂きます
※起床後、センサー類を外してシャワーをご利用することもできます
7:00までに退院して頂きます



●PSG検査結果について

当院では即日に検査結果を説明することが可能です
①水曜日入院の場合・・・木曜日
②土曜日入院の場合・・・月曜日

●治療について

SASと診断された場合は、症状や重症度、原因に応じた治療法を選択します。
普段の睡眠環境や生活習慣を見直してみることも大切です。 就寝前の飲酒を控え、適度な運動を取り入れるなどできるだけ規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。 睡眠薬を服用している方は予め主治医にご相談下さい。

①CPAP療法
SASの治療にはいくつか種類がありますが、最も一般的なのが睡眠時にCPAP(シーパップ)という機械を使用する経鼻的持続陽圧呼吸療法です。 CPAPは、陽圧を送り込むことで気道の閉塞を防ぐ装置です。 CPAP治療には健康保険が適用になります。治療中の疑問やお困り事は定期的な通院の外来で主治医にご遠慮なくご相談下さい。

 →
CPAP装着

②マウスピース
就寝時に、専用に作製したマウスピースをご使用頂く治療法です。 下顎を上顎より前方に出すことで気道を広く確保する治療法で、軽症の場合には適用になるケースがあります。 マウスピースでの治療を行う場合は、作製に慣れた歯科医をご紹介いたします。

③外科手術
気道を塞いでしまう部位が明らかな場合、またその部位によっては手術が適用になる場合もあります。 手術が適用になる場合には、専門の医師をご紹介いたします。

●診察から治療までの流れ
※睡眠時無呼吸症候群の重症度により変動する場合はがあります

呼吸器内科に受診

(自宅での簡易検査)

PSG検査のための1泊入院

結果説明

患者様にあったCPAPの設定のための1泊入院検査

CPAP導入

定期通院

●費用について(記載の費用は3割負担の場合になります)
①簡易検査・・・2700円(初診料等は含みません)
②PSG検査・・・入院予約時に一時預り金をお預かり致します。
残りの費用については次回来院時に精算させて頂きます

<預り金>
3割負担・・・20,000円
1割負担・・・10,000円

【④禁煙外来についてはこちら

【⑤肺癌などの呼吸器悪性腫瘍】
以前は喫煙者の男性に肺癌患者様が多かったですが、最近では非喫煙者の女性に肺炎患者が増えています。 当科で肺癌診療の最も大切にしていることは、”早期発見・早期治療”です。迅速にCTや気管支鏡を行い、 手術可能であれば、当科と連携している日本大学医学部附属板橋病院 呼吸器外科に早急にご紹介致します。 手術ではなく抗癌剤による化学療法が必要な患者様は、当院にて治療を行います。 『健診の胸部レントゲン検査で異常を指摘された』 『咳が長引く』などの症状がありましたら、まずご相談ください。

【⑥間質性肺炎・サルコイドーシスなどのびまん性肺疾患】
間質性肺炎やサルコイドーシスは難病に指定されていて、いまだに有効な治療法が少ないのが現状です。今までは大学病院などの大規模な病院しか行っていなかったピレスパ®やオフェブ®などの分子標的治療薬を積極的に取り入れています。経口ステロイドを多量に服用されていた患者様の中には、オフェブ®を服用することでステロイド量を減らせた患者様もいらっしゃいます。
当科ではCTや気管支鏡検査を行い、迅速に診断し治療を行います。また間質性肺炎の急性増悪に対するエンドトキシン吸着療法などの最新の治療を取り入れております。

【⑦呼吸リハビリテーション】
慢性閉塞性肺疾患(COPD)や間質性肺炎の患者様に対して、呼吸リハビリテーションを行います。当院の理学療法士は呼吸リハビリテーション学会に所属し、最新のリハビリテーションを行っております。

認定施設
日本呼吸器学会関連施設
日本アレルギー学会専門医教育研修施設


●外来受診について  (禁煙外来の診察日については下記【4、禁煙外来】をご参照ください

呼吸器内科の診察をご受診ください。

 
午前 熊澤 遠藤 熊澤 新谷 萩原
午後 熊澤(予約制) 新谷
遠藤
野口

※睡眠外来については月曜日に月1回、金曜日は毎週17:15-18:20の間で診察を行っております。 予約制となっておりますので、受付もしくは内科外来にお声かけください。

スタッフ紹介