1. トップページ
  2. リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科のご紹介


当科は、「あたたかい心で質の高い医療を提供する」を理念に理学療法士が入院・外来患者様の治療を行っています。急性期リハビリ(手術直後、発症直後)を主体とし、早期離床を促し、廃用症候群の予防を積極的に行います。疾病による機能障害の改善だけでなく、活動制限や退院後の生活を想定した参加制約や住環境など社会環境も踏まえた練習を行います。
入院患者様のリハビリテーションは、医師や看護師、関係部門と連携し十分なリスク管理のもとに一日も早いADL(日常生活動作)の向上と社会復帰を目指します。また、医学的治療が落ちついた方で、リハビリテーションの継続が必要な方には、リハビリテーション専門の病院への紹介も行っております(回復期リハビリテーションは対象となる疾患は限られています)。外来患者様のリハビリテーションは、期間が限られておりますが、その後も継続してリハビリが必要な方は通所リハビリ(デイケア)などにおつなぎします。


<施設基準>
運動器リハビリテーション料Ⅲ
呼吸器リハビリテーション料Ⅱ

<主な対象疾患>
整形外科疾患(変形性関節症、人工関節術後、骨折・外傷後、切断など)
筋力トレーニング、関節の可動域改善、歩行練習や日常動作の練習をおこないます。
内科疾患(呼吸器疾患、内部障害(糖尿病・腎不全など)、心臓疾患)
リハビリテーションによる心肺機能向上を図り、病気による体力低下を防ぎます。
外科疾患(開腹・開胸術後など)
術後の早期離床を図り、スムーズに社会復帰できるように援助します。
その他
リハビリテーション対象患者様は全科にわたります。脳血管疾患、長期臥床による廃用症候群、運動器不安定症なども対象となります。

<リハビリテーション科基本理念>
「あたたかい心で質の高い医療を提供する」

<リハビリテーション科基本方針>
・他科と連携したチームアプローチを心がけ、リハビリテーション専門職としての役割を担う。
・患者個人の主体性を尊重し、社会・家庭復帰を視野に最良のリハビリテーションを提供していく。
・地域の医療・福祉機関と連携し、地域の中核病院・急性期病院としての機能を考慮し、地域に貢献する。
・専門職として常に向上心・探究心を持ち、「臨床・教育・研究」に力を尽くす。


<主なスタッフ>
氏名 主な資格
石井 佐和子
【リハビリテーション科統括部長】
理学療法士
長谷川 恭一
【リハビリテーション科主任】
理学療法士
糖尿病療養指導士
認定理学療法士(運動器)
木勢 千代子
【リハビリテーション科主任】
理学療法士
糖尿病療養指導士
認定理学療法士(内部障害)
長谷川 沙穂 理学療法士
認定理学療法士(運動器)
山下 暁子 理学療法士
佃 麻人 理学療法士
武井 紀章 理学療法士
内田 綾子 理学療法士
諏江 彩香 理学療法士
吉野 ゆかり 事務

<物理療法設備>

牽引装置、ホットパック、マイクロ波、低周波、バイブラバス等