1. トップページ
  2. 泌尿器科

泌尿器科(結石破砕センター併設)

結石破砕センターの紹介ページ

経尿道的尿路結石除去術(f-TUL)のご案内


当科の特徴


泌尿器科は、元来、性病科と考えられがちですが、尿を作り出す臓器(腎臓) 尿を運搬する臓器(尿管)尿を貯め排出する臓器(膀胱および尿道)さらには、男性の生殖機能に関係する臓器(精巣、陰茎、前立腺)に発症する病気(腫瘍、感染、結石、先天異常など)を対象として治療を行います。
特に、当院では、まず尿路結石に対しては体外衝撃波結石破砕器による治療を実施しております(原則日帰りで行います。空枠があれば当日施行も可能です。遠慮なく担当医師にご相談ください。)が、内視鏡下レーザー砕石術での結石摘出も行っております。

泌尿器科で扱う癌(主に尿路に発生する癌)は手術治療や抗癌剤治療(化学治療)、放射線療法が3本柱となることが多く、当院では前立腺癌、腎盂・尿管・膀胱癌、や精巣腫瘍などの手術療法や 抗癌剤治療なども行っています。大学病院で抗癌剤治療を行っているが、生活圏から遠く離れているので継続するならば近くでお願いしたいなども一度ご相談下さい。

さらには、中高年男性にみられます前立腺肥大症に対しても出血を抑えた内視鏡下切除術を導入しており、術後の出血などの問題が起きる事無く治療できるようになっております。また、女性の尿失禁に対しましても内服での治療はもとより、傷跡も小さな失禁防止手術も実施しております。
以上のように、患者様の快適な生活を維持すべく、患者さまにご負担にならないような安全で治療成績の良好な、大学病院と同等の最新の治療を提供することに努めております。
当院では泌尿器科常勤医師を3名で泌尿器科の治療・手術等行える体制を整備しております。


当科の主な手術実績


手術(平成28年1月〜12月実績) 実績数
膀胱悪性腫瘍手術(代用膀胱を利用して尿路変更を行う) 1件
膀胱悪性腫瘍手術(全摘)回腸又は結腸導管を利用 3件
膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術) 36件
経尿道的前立腺手術 42件
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 193件
経尿道的尿管狭窄拡張術 5件
尿道ステント前立腺部尿道拡張術 8件
経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 19件
尿失禁又は膀胱尿管逆流現象コラーゲン注入手術 1件
精巣悪性腫瘍手術 2件
尿道狭窄内視鏡手術 3件
経尿道的尿管ステント留置術 115件
腎摘出術 1件
腎(尿管)悪性腫瘍手術 10件
内シャント又は外シャント設置 15件

※数字は件数
※平成29年1月現在


泌尿器科専門スタッフ


泌尿器科全般の治療に経験豊富な前金沢医科大学泌尿器科教授・池田病院長が中心となり診療を行っております。

病院長
池田 龍介
医学博士
日本泌尿器科学会専門・指導医
日本医師会産業医

●専門●
泌尿器科全般(検査・診断・治療など)
特に
尿路悪性腫瘍の診断・治療、
尿失禁の診断、治療、
前立腺肥大症・前立腺癌の診断治療など

●池田病院長の略歴●
昭和54年3月 金沢医科大学卒業
平成 2年6月 同大学泌尿器科講師就任
平成 9年8月 同大学助教授就任
平成16年3月 同大学教授就任
平成16年4月 医療法人社団博栄会赤羽中央総合病院副院長・泌尿器科部長就任
平成19年6月 医療法人社団博栄会赤羽中央総合病院病院長就任


泌尿器科部長
濱田 理宇
(常勤)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 癌治療認定医

●専門●
癌治療(前立腺癌、腎盂・尿管・膀胱癌、腎臓癌などの手術療法及び化学治療)
前立腺肥大症手術(特に経尿道的前立腺切除術)
尿管結石治療(内視鏡治療) など

泌尿器科医員
鈴木 雄太郎
(常勤)
●専門●
泌尿器科全般

下平 憲治 (非常勤)

診療日


毎週
月~木曜日 午前・午後
金~土曜日 午前

診察担当医表