1. トップページ
  2. 呼吸器内科
  3. 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に10秒以上の呼吸が停止が5回以上繰り返される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。
また、SASは生活習慣病と密接に関係しており、放置すると生命の危機に及ぶこともあります。SAS特有の眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが大切です。

睡眠時無呼吸症候群の精密検査が当院でできるようになりました

睡眠時無呼吸症候群の検査は、今までは簡便な検査をご自宅で行っていただき、精密検査を他院にご紹介して実施していましたが、この度、当院でもできるようになりました。土曜日の夜に入院し、日曜日の朝にはお帰りになれます。いびきや無呼吸でお悩みの方は、お気軽に当院呼吸器内科にご相談ください。


このような症状の方はぜひ受診を!

1. 大きないびきをかく
2. 呼吸の中断がある
3. 眠れない、寝つきが悪い
4. 夜中に何度も目をさます
5. 朝早く目がさめる
6. 朝起きた時、頭がスッキリしない、ノドが渇く
7. 眠りが浅く、ぐっすり眠った感じがしない
8. 日中、眠気を感じる
9. 体がだるく、足などにむくみがある
10. 以前に比べ、集中力がなくなった など…

当院では、睡眠時無呼吸症のチェックができます。
睡眠中、一時的に息をしなくなり激しいイビキを繰り返すクセのある方で、自分では十分眠っているつもりでも昼間に眠気があったり、身体がだるくて仕方がない方の場合、この病気の可能性がありますので一度検査を受けてみられることをおすすめします。


当院では呼吸器科専門医が治療を行っております


熊澤文雄医師(日本呼吸器学会専門医・指導医)毎週木曜日
遠藤大介医師(日本呼吸器学会専門医)毎週水曜日


当院では呼吸器科専門医をはじめとして内科で治療を行っております。
気になる方は内科外来までお気軽にお問い合わせください。