医療法人社団博栄会

03-3902-7214FAX 03-3901-0951

  1. トップページ
  2. 各施設の基本的な考え方

各施設の基本的な考え方

医療法人社団 博栄会

 医療法人社団博栄会は、地域の方々に信頼され、親しまれる病院、施設づくりをモットーにしております。
そして急性期救急医療から在宅医療・看護におけるまでのトータルケアを展開し、現在当社団が運営している病院、施設での機能分担を行い、各部門ごとにその特徴を十分に生かしております。
また、関連大学病院、地域の開業医の先生方との連携を密にし、患者様、ご利用者様中心の最善な医療・看護そして介護を行っております。
ここに各病院、施設ごとにその事業内容を簡単にご案内いたします。

1.赤羽中央総合病院

 昭和29年7月に病床数40床の外科・内科・産婦人科の個人病院(赤羽中央病院)としてスタートしました。昭和41年に増築し、診療科目も整形外科・胸部外科・脳神経外科・循環器科・消化器科・神経内科・泌尿器科・肛門科・放射線科・リハビリテーション科・人間ドック科を追加し、病床数も120床に増床しました。平成10年には腎センターを開設し、20台の血液透析台を設置しました。平成11年には150床に増床し、東京都指定二次救急医療機関の認定を受けました。診療科別に見ると、消化器外科では「日帰り大腸ポリープ切除」をはじめ悪性腫瘍に対する「腹部内視鏡外科手術」等を経験豊富な専門医が担当し、より専門的且つ迅速な診断・治療を可能とし数多く実施しています。泌尿器科では北区初の体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)を設置し、専門医による日帰り手術を行っております。また、内視鏡下レーザー砕石術での結石摘出も行っております。整形外科では先進的ナビゲーションシステムを導入して人口膝関節置換手術を実施しており、手術件数は年間150件超に上り、都内ランキングは2016年度では5位に位置づけられています。
平成15年には日・祝祭日の一般外来診療を開始し、年中無休の診療体制を確立しました。
同年、開放型病院の認可を受けました。平成17年には病院の実態と合わせて名称を「赤羽中央総合病院」に変更し、東京都北区の中核となる地域病院と位置づけられるようになりました。今後も開業以来の「私達は病める方,介護を必要とする方に『愛と奉仕』の温かい手をさしのべます」との運営理念の下、関連大学病院及び地域の開業医の先生方との連携を密にし、地域の方々に信頼され、親しまれる病院作りに努め、患者様中心の最善な医療・看護のご提供を行って参ります。

2.浮間中央病院

  平成20年9月に循環器科、整形外科、リハビリテーション科を中心として、リニューアル(新築)オープンいたしました。
循環器科におきましては、この地区初の心臓血管センターを開設し、最新鋭の医療設備を完備のもと、日本大学医学部循環器内科の城北地区関連病院として、全面的なバックアップ体制の下、専門医を配置し大学病院と同等の高度医療の提供を可能としました。
また、整形外科は都内初のPEDセンターを開設し、脊椎疾患及び、内視鏡腰椎椎間板ヘルニアの摘出手術を積極的に行っております。
救急告示医療機関でもあり、急性期一般病棟、そして北区では初の回復期リハビリテーション病棟も有しており脳血管疾患、骨折後のリハビリをはじめ心臓リハビリテーションまで総合的なリハビリテーションを可能としております。

3.介護老人保健施設「太陽の都」

 北区初の介護老人保健施設として、平成10年10月に開設しました。
 当施設は介護を必要とする高齢者の方々へ健やかに生きる歓びをたたえるユートピアとし、充実した毎日を願い、「愛と奉仕」をスローガンにし、入所サービス(定員100名)と通所リハビリテーションサービス(50名/1日)を行っております。
通所リハビリは、日・祝日も平日同様に行っております。
 スタッフ一同明るい家庭的な雰囲気を作れる事を基本的な考えとし、生活リハビリ、数多くの行事など、心温まるサービスを提供しております。
 在宅促進部門も独立させ、専任のスタッフを配置し、ご家族とご本人、そして施設とで協力し合い、在宅支援も積極的に行っています。
 ご高齢者の生活に安心感を与え、住み慣れた地域で生きがいのある暮らしを提供することが「太陽の都」の心からの願いです。

4.赤羽中央総合病院附属クリニック

 平成14年4月に赤羽中央総合病院前に開設いたしました。
診療科目は眼科、放射線科(MRI)、皮膚科、血液透析センター(51床)です。
眼科におきましては、クリーンルームの手術室を有し、最新の眼科医療設備を整え、経験豊富な眼科専門医が白内障等の日帰り手術を中心に数多くの眼科全般の治療、手術を行っており、好評を得ています。
又、MRIは東芝製の最新鋭MRI装置1.5テスラを導入し、地域医療機関との共同利用も積極的に行っております。また、脳ドックも実施しております。
血液透析はすでに赤羽中央総合病院で実施中ですが、平成18年4月に隣接地へ都内最大級の血液透析センター51床(365坪ワンフロア)を新設いたしました。広々とした明るい環境の中、夜間透析も実施しており、また院内には入浴設備を設置(機械浴・一般浴)し無料で体の不自由な透析患者様の入浴介助を行なってます。透析食も無料で患者様へご提供しております。専門の医師・スタッフを配置し、安心して透析が行えるよう運営しております。
皮膚科も専門医を配置し、皮膚科全般の治療を可能としております。
平成24年6月には耳鼻咽喉科を新規開設。専門医を配置し耳鼻科領域全般の治療へも力を注いでおります。

5.博栄会訪問看護ステーション(東京都認可施設)

 病院を退院された方、介護老人保健施設等を退所された方で、ご自宅で療養生活を行うにあたり、専任の看護婦・理学療法士が訪問し、お手伝いしております。
 医師の指示による医療処置、病状、全身状態の診察などを中心にサービスを提供し、この地区では始めての訪問リハビリも実施し、好評を得ております。
 安心した毎日が過ごせるよう専任のスッタフが北区ほぼ全域を担当しております。

6.博栄会居宅介護支援センター(東京都認可施設)

 当センターは東京都の認可を受けており、介護保険に基づきサービスの流れをトータルサポートし、要介護認定の申請代行、訪問調査、サービス計画の作成、届出等の業務を専任のケアマネージャーが介護老人保健施設同様「愛と奉仕」をスローガンに運営しております。

「医療法人社団博栄会のスタッフ一同は医療、看護そして介護を通じ地域の方々に奉仕いたします。」