1. トップページ
  2. 施設のご案内

施設のご案内

現在、全日・午前午後共に空きがございます。
随時施設見学を行っています。

●当クリニックは透析専門医が皆様の透析管理を行っております。
●ご自宅からクリニックまでの無料送迎を実施。(送迎エリアはご相談ください)
●当院の管理栄養士による透析食を無料で患者様へご提供いたします。
●夜間透析も実施しております。
●赤羽中央総合病院に隣接しておりますので日中はもちろん、夜間や休日でも24時間救急対応しております。
●院内に機械浴と一般浴を設置。無料で体の不自由な透析患者様の入浴介助を非透析日に行います。
●家族性高コレステロール血症や閉塞性動脈硬化症の患者様へはLDL吸着療法を実施しております。
●テレビ付きベッド(テレビの視聴に料金はかかりません)

血液透析センターの見学は随時行っております。
また、その他ご要望・お問い合わせもご遠慮なくお電話ください。

お問い合わせはこちらまで
TEL03-3902-0755(医療相談室直通)
      TEL03-3902-0387(透析センター直通)
     (担当:森、山口)


赤羽中央総合病院副看護部長 兼 血液透析センター師長ご挨拶


当クリニックは、本院での透析導入患者様をはじめ、近隣地域や大学病院での透析医療機関より積極的に維持透析患者様をお受けしております。
高齢化に伴い、自力通院困難な方にも無料送迎サービスを行い、通院支援しております。
エリア等については、ご相談下さい。また、管理栄養士によるバランスのとれたお食事も無料提供しております。
帰省・出張・旅行などの臨時透析も受付けておりますので、当センターまでご連絡下さい。
毎月のフットチェックや、透析を行いながらのSPP(皮膚灌流圧測定)の導入により、患者様に負担の少ない検査で下肢の動脈硬化の早期発見に努めております。下肢の動脈硬化は、心筋梗塞や脳卒中など全身の心血管系合併症とも関連していますので、赤羽中央総合病院・浮間中央病院との連携を密にし、入院が必要な検査や緊急時の入院にも対応しております。
私共スタッフ一同は、長期にわたる透析治療において、患者様とより良い信頼関係を築けるよう、また気持ちよく治療が受けられるよう日々努めております。


当院の管理栄養士による透析食を無料で患者様へご提供いたします。患者さまには広々とした明るいラウンジでお食べ頂いており好評をいただいております。


専用車両によるご自宅から当院までの無料送迎を実施しております。


東京都指定二次救急医療機関である赤羽中央総合病院(本院)に隣接しておりますので日中はもちろん、夜間や休日でも24時間、患者様を救急対応しておりますので安心して透析を行えます。


施設概要


月曜日から土曜日
昼・夜間透析あり(完全2交代制)

広々とした明るい血液透析センター(ワンフロア365坪)に最新の透析装置を導入、透析専門医、スタッフを配置。
皆様が安心して血液透析が行える環境です。

◎透析装置52台 (内、個人透析器3台・HDF8台)
※処方透析(個人器)、血液ろ過透析(HDF)、CAPD(腹膜透析)、血漿交換療法(LDL吸着)など患者様の状態に合わせ、様々な血液透析が可能です。また、更衣室には患者様個人専用のロッカーが用意されております。


管理者


<院長・センター長>  医学博士  池田 龍介
・赤羽中央総合病院附属クリニック 院長
・日本泌尿器科学会専門・指導医