Cardiovascular Surgery

心臓血管外科

 心臓血管外科では心臓大血管外科領域として虚血性心疾患、弁膜症(大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、
僧帽弁閉鎖不全症など)、大動脈疾患(胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、大動脈解離など)の診断や手術適応を判断して、スムーズに大学病院で治療できるよう連携し、術後外来管理(冠動脈バイパス術後、人工弁置換術後、大動脈手術術後など)を行っています。また、末梢血管外科領域では閉塞性動脈硬化症、深部静脈血栓症、下肢静脈瘤の診断・治療・術後管理をしております。

 当施設では多くの慢性腎不全患者様の透析治療を行っており、透析アクセスの造設(自家静脈による内シャント、人工血管による内シャント)やシャントトラブル対応・治療(バルーン、ステントによる経皮的シャント拡張術:VAIVT、手術)を実施しています。

 

主な病気

虚血性心疾患:狭心症、陳旧性心筋梗塞など
弁膜症疾患:大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症など
大動脈疾患:胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、大動脈解離など
末梢動脈疾患:閉塞性動脈硬化症、腹部内臓動脈瘤、急性動脈閉塞症など
静脈疾患:下肢静脈瘤、深部静脈血栓症など
心臓血管外科術後:冠動脈バイパス術後、弁置換術後、弁形成術後、人工血管置換術後など
透析シャントトラブル:透析シャント機能不全、シャント狭窄、閉塞、静脈高血圧症、スチール症候群、シャント瘤、過剰血流
透析シャント治療:透析アクセスの造設(自家静脈による内シャント、人工血管による内シャント)やシャントトラブル対応
         ・治療(バルーン、ステントによる経皮的シャント拡張術:VAIVT、手術)

 

 

所属医師

医療法人社団博栄会 赤羽中央総合病院 心臓血管外科部長
大幸 俊司Osaka Shunji

医学博士          
日本外科学会専門医
日本心臓血管外科専門医

日本循環器学会専門医
東京都難病指定医 
身体障害者福祉法指定医(心臓機能障害)

病気や治療、術後の不安を取り除き、安心して生活していただけるように診療いたします。また、他科や病院スタッフと連携して、安全な治療を心掛けております。
血管年齢という言葉があるように、血管にも加齢現象がおきます。血管に関するお悩みや心配をお持ちの方は些細なことでも構いません。お気軽に心臓血管外科を受診してください。

【略歴】

2003年 日本大学医学部附属板橋病院 外科学講座 外科二部門
2008年 熊本赤十字病院 心臓血管外科
2009年 医学博士
2011年 ドイツ ボッフム大学附属(Herz und Diabeteszentrum NRW)
心臓・糖尿病センター 胸部・心臓外科助手
2013年 日本大学医学部附属板橋病院 心臓血管外科助手 病棟医長
2016年 日本大学医学部附属板橋病院 心臓血管外科 助教
2017年 日本大学医学部附属板橋病院 心臓血管外科 医局長
2019年 日本大学医学部附属板橋病院 心臓血管外科 外来医長
2022年 赤羽中央総合病院 心臓血管外科部長

 

施設紹介

ハイブリッド手術室

外科手術に加え最新のバイプレーン血管造影システムを用いカテーテル治療も同時に行
うことができます。

X線透視室

最新の血管造影システムを用い、経皮的透析シャント拡張術やカテーテル留置術を行っています。

超音波画像診断装置

四肢の血管疾患(動脈、静脈およびリンパ管)、内シャント診察を行います。心臓血管外科専用の高画質ポータブル超音波装置で外来診察室、病棟、カテーテル室と幅広い診療シーンに対応し活躍します。

CT

造影剤を使用した3D-CT Angiographyにより動脈瘤や閉塞性動脈硬化症の診断を行います。

 

心臓血管外科

赤字:女性医師

午前9:00〜12:00
(最終受付11:30)
大幸 大幸
午後14:00〜17:00
(最終受付16:30)
大幸 大幸
午前9:00〜12:00
(最終受付11:30)
午後14:00〜17:00
(最終受付16:30)
大幸
大幸
大幸
大幸
  • 上記診察日でも緊急手術・処置又は学会出張などで担当医が変更になることがあります。予めご了承ください。
    最新の情報及び受付時間は電話にてご確認下さい。
    03-3902-0348(代)