Gynecology

婦人科

新設となる婦人科では思春期から高齢者まで様々な年代の方の女性相談を行っていきます。
若い患者様が来院しやすいよう婦人科は専門の待合室をご用意し、プライバシーに配慮します。
また、車いすだからと受診をあきらめてしまう方も多いと聞きます。
新病院は車いすが内診台に横付けでき、平行移動のみでご負担かけず診察できるよう設計しております。
高齢の方、障害のある方でも気軽に診察を受けて頂けるように工夫しております。
それぞれのニーズにお応えし、女性が利用しやすい環境づくりを積極的に行うよう心がけます。

 

主な病気

月経異常(月経不順・周期異常・痛み、量の異常)
子宮筋腫・卵巣腫瘍
子宮がん検診・異常を診断された場合の精査
思春期・若年女性の診療
更年期障害
その他お気軽にご相談ください。

 

所属医師

医療法人社団博栄会 赤羽中央総合病院 婦人科 部長
武谷 千晶Takeya Chiaki

医学博士
産婦人科専門医・指導医
リンパ浮腫保険診療医
日本臨床細胞学会細胞診専門医

日本がん治療機構認定医
日本臨床栄養学代謝会専門医
女性のヘルスケアアドバイザー

 
当院を受診してくださる、すべての女性の窓口的役割を目指して!

総合病院の利点を生かして、女性をトータルで診療できればと思います。
婦人科領域は当科で、婦人科と重なる領域は(内科、整形外科、泌尿器科など)、と協力して女性を総合的にサポートできればと考えています。また、思春期から高齢者まで、様々な年代の方に利用しやすい環境をつくり、病院全体の女性の婦人科として頂けたら嬉しいです。

 

施設紹介

待合室

一般外来とは別に婦人科専用受付と待合室を用意しており、待合室に余裕がある場合はご家族もお入りいただけますが、混雑の際は原則としてご本人のみとさせていただいています。

内診台

上昇・下降・回転・リクライニングなどの機能が付いており患者様に負担がないよう配慮がされております。また、車いすが内診台に横付けでき、平行移動のみでご負担かけずに診察できるよう設計しておりますのでご安心ください。

診察台

診察台を上昇・下降させることができますので、内診台同様患者様にご負担をかけないよう配慮がされております。スペースを充分確保しておりますので車椅子でも安心してご利用いただくことが可能です。

コルポスコピー

こちらの機械では子宮頸部を拡大鏡で拡大して観察する検査を行うことができ、必要に応じて組織を少量採取して診断を行います。適切な時期に使用することにより、子宮頸部の異常を子宮頸がんになる前に発見することが期待できます。

清掃・除菌・消毒

感染症対策として、診察室内を定期的に清掃・除菌・消毒を行っております。
内診台などよく手が触れる場所は使用ごとに除菌・消毒を行っておりますので安心してご利用ください。

婦人科専用トイレ

診察室のすぐ隣には婦人科の専用トイレがございます。
検査の際の移動も少なくなるよう配慮されておりますので、患者様の負担を極力少なくした診察を心掛けております。

院内における他科との連携

赤羽中央総合病院には様々な診療科目がございますので、1人の患者様に対して他科との連携によって様々な処置を行うことが可能です。総合病院ならではの最新のMRIやCTなどの医療機器の設備も充実しております。

 

婦人科

赤字:女性医師

午前9:00〜12:00
(最終受付11:30)
武谷 武谷 武谷 武谷 武谷 武谷
午後14:00〜17:00
(最終受付16:30)
武谷 武谷 武谷 武谷
午前9:00〜12:00
(最終受付11:30)
午後14:00〜17:00
(最終受付16:30)
武谷 武谷
武谷 武谷
武谷 武谷
武谷
武谷 武谷
武谷

 

月経異常(月経不順・周期異常・月経痛・月経血量の異常)

月経異常とは、正常な月経の範囲外にある状態をいいます。
症状には個人差があり、病気ではないからと我慢してしまう方も多いですが、おなかが痛い、腰が痛い、腹部膨満感、吐き気、頭痛、イライラ、憂鬱など程度が強くお悩みならそれは病気と認識して治療します。
月経異常はひょっとしたら子宮内膜症・子宮筋腫などの病気のサインである可能性もあります。

 

子宮筋腫・卵巣腫瘍

子宮筋腫とは子宮の筋肉にできる良性の腫瘍で、30代以上の女性の約30%に認められる婦人科において
最も多くみられる病気のひとつです。発生する原因は不明ですが、女性ホルモン(エストロゲン)の影響で大きくなるなることがわかっており、反対に閉経後には自然に小さくなることがほとんどです。
卵巣腫瘍とは卵巣にできる腫瘍で、症状としては腹部膨満感、下腹部痛、頻尿などがありますが、小さいうちは無症状で経過することが多く、大きくなったり腹水がたまったりしてから症状が出現することが多いのです。
良性、境界悪性(中間型)、悪性腫瘍に分類され、その種類は多彩です。

 

子宮がん検診・異常を診断された場合の精査

子宮がん検診は一般的に子宮頸がんの検診のことをいいます。
子宮がん検診の検査で異常が見つかった場合は、精密検査が必要になります。
自覚症状がない事や、検査検査への不安で再検査を受けずにいる方も多いかと思いますが、精密検査の必要があっても進行したがんであることは意外と少なく、自然に治る場合やがんになる前の状態であることが多いため、落ち着いて精密検査に臨むようにしましょう。

 

思春期・若年女性の診療

生理痛が辛くて動けないで寝込んだり、テストやスポーツで本調子が出ないなどさまざまな問題を抱えています。
初経からしばらくは月経不順があってもあまり心配ありません。思春期始まりのころは、まだ性機能が未熟なので、ちょっとした体調不良や、心の不安などでも月経は不順になる場合があります。
しかしそんな症状も放置しすぎてしまうと将来の妊娠・出産に影響したり、自身の健康にも関わってきます。
初めての婦人科受診は中学生・高校生でも決して早すぎることはありませんのでお気軽にご相談ください。

 

更年期障害

更年期とは、閉経をはさんだ前後約10年間をさし、閉経の平均年齢は50歳くらいといわれております。
更年期を迎えると卵巣の機能が徐々に低下しはじめ、エストロゲン分泌の急激な低下に伴い、様々な症状が現れます。
その症状の中でも他の病気ではないものを「更年期症状」といい、その中でも日常生活に支障をきたすほどに症状が重い場合「更年期障害」と診断され、治療を必要とします。
まずはどんな症状も我慢せず、その症状が更年期障害によるものなのかどうか、診断を受けることが大切です。

 

高齢の方の診療

加齢に伴う体の変化で、女性特有のものもあります。出血や、腟の乾燥感、かゆみなどの様々な症状が出ることがあります。
感染や炎症、腫瘍や骨盤臓器脱がないか確認し、女性ホルモンの腟錠で治療を行います。
膀胱や子宮が下がる臓器脱の場合は、ペッサリーという器具で治療を行います。
当院では通常のリングタイプ以外のペッサリーのフィッティングキットを揃えており、試着することができます。
ペッサリーが合わない方はフェミクッションという下着のようなタイプの器具も、サンプルを試すことができます。

【骨盤臓器脱の症状】

 

ペッサリー

ペッサリーは腟内に挿入して臓器を押し上げる装置です。病院で挿入して定期的に交換することが基本ですが、ご自分で着脱する方もおられます。リング状のタイプのほか、リングの内側から臓器が下がってくるのを防ぐタイプ、自己着脱しやすいスティック状のタイプなどがあります。画像はフジメディカル のMilexペッサリーです。

フェミクッション

フェミクッションは、必要な時に患者様ご自身で使用でき、下着のように見えるデザインとなっています。臓器が腟内に戻っている状態で腟口をクッションで抑え、ホルダーとサポーターで押上げ保持します。装着してすぐに症状を緩和することができます。
画像は女性医療研究所のフェミクッションです。

 

がん治療卒業後の健診

子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど女性のがん治療が終了し、治療を行っていた施設から、
「現在再発はありません。卒業です」と言われた方の定期健診を行います。
細胞診、血液検査、超音波検査をはじめ、骨密度検査や乳がん検診、必要に応じてCTやMRIなどの検査も可能です。
婦人科がん治療後のリンパ浮腫診療も行っています。
※がん治療は行っておりません。

 

日本大学医学部産婦人科学系産婦人科学分野 主任教授 川名 敬先生からのメッセージ

赤羽中央総合病院の婦人科では、日本大学附属板橋病院に在籍・または在籍後の医師が診療を担当し、大学病院と同じ最新鋭の機器や設備も備えています。武谷部長は、女性医師として、女性ならでは体調の変化を、丁寧に耳を傾け対応しております。生涯にわたる女性の健康を守ることを実践している医師です。病状によっては適切かつ先進的な治療が必要となることもありますので、治療が必要な場合は、大学病院の最先端の医療につなぐことができます。ハイレベルな外来診療を、かかりつけ医として気軽に受けることができます。当院では、日本大学附属板橋病院と連携し、手術や入院などの治療が必要な際には、速やかに紹介受診ができるようになっています。特に、日本大学附属板橋病院の産婦人科は、武谷医師の出身医局でもありますので、治療のための紹介もスムーズであり、かつ手術や精密検査が終了した患者さんが、赤羽中央総合病院でフォローアップや定期健診していただくなどの連携も行っていますので、安心して受診できる病院です。